ライフスタイル

タクシー配車アプリS.RIDE(エスライド)は?使い方は・クーポン情報・利用料金を徹底解説!

タクシーを呼ぶ時、みなさんどうしていますか。

「タクシー乗り場に並ぶ?」「配車センターに電話する?」「街で手を上げて捕まえる?」

どれも一昔前までは王道とされていた方法ですが、今はもっと良い方法があります。
そうそれは、配車アプリを使うという方法です!
配車アプリを使えば、タクシー乗り場に長く並ぶ必要も、配車センターに面倒くさい電話をかける必要も、街でたまたまタクシーが来るのを祈る必要もありません!

カンタンな操作で、よりスピーディに、より確実にタクシーを呼ぶことができます。
今回は、そんなタクシー配車アプリの中から、カンタンな操作感が魅力の、S.RIDE(エスライド)をご紹介します!

タクシー配車アプリS.RIDEとは

アプリ名

S.RIDE
ダウンロードダウンロード
クーポン
クーポン内容
ポイント1スライドで配車
運営会社S.RIDE株式会社
ネット決済
アプリの使いやすさ(UI/UX)
(4.0 / 5.0)
迎車料金タクシー会社による
配車予約

S.RIDE(エスライド)とは、S.RIDE株式会社(旧:みんなのタクシー株式会社)が運営する、タクシー配車アプリです。

東京都からサービスを開始し、その後、神奈川・埼玉・名古屋・大阪と、一定以上の都市圏を優先して、サービス範囲を拡大しています。
S.RIDEは、ターゲットを明確にビジネスマンに定めており、ビジネス時の利用を想定して設計されています。そういったこともあり、ビジネスが盛んな都市部に集中して、サービスを展開しているようです。
ビジネス限定ではなく、もちろん、プライベートのときでも使えますよ!

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

対象地域(東京都)23区、三鷹市、武蔵野市
ネット決済
アプリの使いやすさ(UI/UX)
(4.0 / 5.0)
迎車料金タクシー会社による
支払い方法車内決済
クレジットカード
コード決済サービス(Apple Pay、au PAY、d払い、LINE Pay、楽天ペイ・・・)
配車予約
DL (App Store)
DL (Google Play)

S.RIDEでタクシーを迎車するメリットとは

ネット決済なので降車がスムーズ

S.RIDEは、ネット決済が可能です。

降車時に車内で支払いをする必要がないので、大変スムーズな降車が可能です。
S.RIDEは、「S.RIDE Wallet」という独自のQRコード決済サービスを展開しており、連携可能な支払い方法が非常に豊富です。

クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discover)の他、Apple Pay 、au PAY、d払い®、PayPay、LINE Pay、メルペイ、Alipay、WeChat Pay楽天ペイと連携が可能です。

ワンスライドで近くのタクシーを呼べるカンタンさ

S.RIDEは、ワンスライドで近くのタクシーを呼べる、カンタンでシンプルな操作性が魅力!

「アプリを立ち上げて、ワンスライドで、便利で上質な乗車体験を提供する新たなタクシーサービス」を目指しており、アプリの名前にもそれが表れています。

S.RIDE という名前は、Simple(シンプル)、Smart(スマート)、Speedy(スピーディ)の頭文字Sと、「スライド」をかけて名付けられました。
このカンタンさが、癖になるアプリです。

ライドプログラムというキャンペーンがある

S.RIDEには、ライドプログラムというキャンペーンがあります。

タクシー配車1回につき、1ライドポイントが貯まり、10ライドポイント貯めると、抽選を受けることができます。
抽選で当たる景品の内容が、ビジネスマンのツボをついていると、好評だそうです。

ちなみに2021年10月の特賞は、汐留の懐石料理「花山椒」のディナーペアお食事券+タクシーご送迎無料券でした。
1回乗れば1ポイント貯まる。
毎回のタクシー配車が楽しくなるキャンペーンです。

安心の事前確定運賃

事前確定運賃とは、タクシーを呼ぶ前に、乗車地から目的地までの走行ルートと運賃を確定させる制度で、2019年10月より施行!S.RIDEはこれに対応しています。

アプリ上でのカンタンな操作で、走行ルートと運賃を確定させることができます。
事前にルートと運賃が確定していると、すごく安心ですよね。

S.RIDEでタクシーを迎車するデメリットとは

タクシー会社によっては、迎車料金が異なる

S.RIDEでタクシーを迎車するデメリットとしては、迎車料金がかかることが挙げられます。
迎車料金はタクシー会社によって異なりますが、大体200円~420円の間となります。
ここはどうしても避けられない部分となります。

S.RIDEの利用料金を徹底解説

迎車料金

S.RIDEの迎車料金は、タクシー会社によって異なります。金額は、安くて200円、高くて420円程度となります。一部、スリップ制を導入しているタクシー会社もあり、その場合には迎車料金はかかりません。ただし、迎車中からメーターを回しはじめるので、迎車中の距離・運賃は初乗り分として扱われます。

アプリ利用料金

S.RIDEには、アプリ利用料金の設定はありません。かかる費用は、乗車にかかった分のみとなります。

S.RIDEタクシーアプリの使い方

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

①アプリをインストール

まず、App StoreやGoogle Playから、アプリをインストールします。インストールは無料です。

②個人情報を登録

インストールしたら、最初に個人情報を登録します。
まず、電話番号を入力して、SMSで送られてくる認証コードを入力して、認証を済ませます。
その後、ひらがな氏名、生年月日、性別を入力します。

③支払い方法を設定

次に、支払い方法を設定します。支払い方法の設定は後回しにもできますが、S.RIDEの魅力の1つは、豊富な支払い方法との連携が可能なことです。
忘れないように、面倒臭がらずこのタイミングで設定することをおすすめします。

④乗車位置と降車場所を設定

必要な情報の登録が終わったら、タクシーの配車依頼ができるようになります。
地図を使って、乗車位置と降車位置を設定します。
地図には、現在地が表示されますが、少しずれていることもあるため、必要に応じて微調整してください。

⑤配車

乗車位置と降車場所が設定できたら、後は、ワンスライドするだけです。
この瞬間がキモチイイ。
日時の指定も可能で、20分後以降~6日後まで選択可能です。

(⑥車内決済の場合は降車時に決済)

車内決済をする場合には、通常のタクシーと同様に、降車時に決済をします。
ネット決済の場合は、そのまま降りるだけです。

S.RIDE タクシー|まとめ

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE タクシーアプリ (エスライド)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

S.RIDEの魅力は何と言っても、カンタン、シンプルな操作性です。

配車完了までが一瞬なので、すごくスマートな気分にさせてくれます。
また、ライドプログラムがあることも人気のポイントです。
このような何かに付属している抽選って、当たっても微妙だなぁと感じる景品が多い印象ですが、S.RIDEの景品はなかなか素敵だと思います。

対応エリアがまだまだ限定的なため、人を選びますが、エリア内にいらっしゃる方にはおすすめの配車アプリです。

アプリ名
DiDi

GO (JapanTaxi)

S.RIDE

Uber Taxi

フルクル

東京無線
ダウンロードダウンロードダウンロードダウンロードダウンロードダウンロードダウンロード
クーポンH2NY2GV2新規ダウンロード
クーポン内容3,000円分500円分
ポイントキャンペーン多希望日時配車が可能1スライドで配車支払いがスマートユーザー登録不要Tポイント貯まる
運営会社DiDiモビリティジャパン株式会社Mobility TechnologiesS.RIDE株式会社Uber Japan株式会社国際自動車株式会社東京無線協同組合
ネット決済不可不可
アプリの使いやすさ(UI/UX)
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.0 / 5.0)
(2.0 / 5.0)
迎車料金0円~0円~680円タクシー会社による0円0円320円
配車予約不可

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)