ライフスタイル

【完全ガイド】LUUP (ループ)使い方を解説|電動キックボードシェアサイクルサービス【レンタル】

最近、都市部の街中で、電動キックボードで移動する人を見かけることが多くなってきました。

快適そうで、また何より楽しそうなので、1度乗ってみたいと思う方も少なくないと思います。
そんな電動キックボードを、手軽に利用できるサービスがあることをご存知でしょうか。

今回は、電動キックボードを手軽にシェアできるLUUP (ループ)をご紹介いたします!

LUUPとは一体どんなサービス!?

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

「LUUP」は、電動マイクロモビリティのシェアリングサービスです。

マイクロモビリティとは、電動キックボードや、小型電動アシスト自転車のことで、通常の自転車よりもコンパクトで、ちょっとした距離の移動に適した1~2人乗り程度の車両のことです。

「LUUP」では、1人乗りの、電動キックボードや電動小型アシスト自転車が用意されており、街中にある好きなポートで借りて、好きなポートで返却することが可能です。

ちょっとした街の回遊時や、普段の通勤、買い物のときなどに良くある、「徒歩だとちょっと遠いシーン」を、快適で、楽しい移動体験にしてくれるサービスです。

LUUPで借りられるモビリティ紹介

「LUUP」で借りられるマイクロモビリティは、「電動アシスト自転車」と「電動キックボード」の2種類です。

出典 https://luup.sc/
出典 https://luup.sc/

どちらも、ブラックとターコイズブルー基調とした、非常にPOPで可愛い見た目をしています。
現在は2種類の機体の用意がありますが、将来的には、1つの機体に統一したいそうです。

1つの機体が、利用者に合わせてトランスフォームするイメージで、具体的には、高齢者の方や足腰が不安な方が利用する場合には、最高速度が低くなり、椅子が起き上がるモードに切り替わるとのこと。そんな、ユニバーサルな機体を、数年後の導入に向けて、準備を進めています。

電動キックボードには、免許やヘルメットは必要?

 「電動キックボード」を借りる際には、普通免許以上の免許が必要となります。

利用登録時に、免許証登録を行う他、実際に運転するときにも、免許証を携帯する必要があります。
また、ヘルメットですが、東京都の渋谷区、新宿区、品川区、世田谷区、港区、目黒区については、ヘルメットの着用は任意でOKとなります。

本来、電動キックボードは、「原動機付自転車」扱いとなるため、ヘルメットの着用が必須となります。

しかしながら、上記エリアに関しては、電動キックボードが「小型特殊自動車」扱いとなり、政府の特例措置のもと、実証実験という形でヘルメットの着用が任意とされています。

それ以外のエリアを走行する場合には、「原動機付自転車」扱いとなるためヘルメットの着用は必須となるため注意してください!

LUUPを利用するメリットって何!?

LUUP (ループ)のメリットとしては、
まず一つは何と言っても「電動キックボード」を借りられることです!

電動自転車のシェアリングサービスは、都市部ではある程度普及してきましたが、電動キックボードのシェアリングサービスはまだまだ少ないです。

電動キックボードは、自転車と違い服装を選ばないため、特に女性には嬉しいポイントとなります。
スカートやワイドパンツの時でも、問題なく利用できます。

また、ヘルメットの着用が任意となるため、髪型を崩したくない、おしゃれをしたときや仕事中などでも利用しやすいです!

2つ目は安く移動できるということです。
都内都市部は駅間が短く、歩くには遠いけど電車に乗るまでもない!というスポットが多いです。
そんな時にタクシーばっかりも費用がかかりますけどLUUPなら健康的に移動できます。(サイクル)

私の実際のライド履歴ですが、この距離を移動してこの金額です。

近くにLUUPの車体が見えたら移動手段として選んでみてはいかがでしょうか。

まずは、アプリをインストールして会員登録!

LUUP (ループ)を利用するために、まずは、アプリをインストールして会員登録をする必要があります。

登録は簡単で、App Storeや Google Playでアプリをインストールし、案内に従って、名前や生年月日、支払いに利用するクレジットカード情報などを入力します。

さらにクーポンもあります!
[クーポン→登録]と進み、下記コードを入力すると30分間無料ライドクーポンが付与されるので是非使用してください!

LUUP 30分無料クーポンコード

RF3ZQEQ6

電動キックボードを利用する場合は、「免許証のアップロード」と、乗車に伴う「確認テスト」の受講が必要です。確認テストは、12問の○☓クイズが用意されており、全問正解すると完了となります。

もし間違ったとしても、内容を確認すれば完了できます。電動キックボードは、少し特殊な立ち位置の乗り物となりますので、しっかりと内容を確認してください。電動アシスト自転車のみを利用する場合には不要です。

LUUPの利用方法

会員登録した後のLUUP (ループ)の利用方法ですが、まず、アプリのマップから、利用するポートと、乗りたいマイクロモビリティを選びます。

そして、実際にポートまで移動し、アプリで機体にあるQRコードをスキャンするか、5桁のIDを入力し、返却予約を行います。

各ポートは、モビリティの収納可能数が決まっているため、事前に返却予約をしておく必要があります。返却ポートは途中で変更も可能です。予約完了後、利用規約に同意して、ライド可能となります。

電動キックボードの場合は、慣れないうちは、通りの少ない道で少し練習した方が良いかもしれません。ただ、操作は難しくないので、すぐにコツをつかめると思います。
利用が終了したら、指定位置に駐車して、駐車時の写真を撮って終了します。

LUUPの利用料金

 LUUP (ループ)の利用料金は、月会費などはなく利用した分だけ料金が発生します。

初乗り10分で110円となり、以降、1分ごとに16.5円が加算されます。
登録したクレジットカードで支払いになりますので、いちいちお金を払わなくていいです!

LUUPの展開エリア【どこで借りられる?】

LUUP (ループ)の展開エリアは、いまのところ、東京都の6エリア(渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区)と、大阪のキタ・ミナミの5エリアとなります。

まだまだ限られたエリアのみですが、他エリアへも随時展開していく予定とのことです!

LUUP|まとめ

いかがでしたでしょうか。

「電動キックボード」が手軽に利用できるLUUP (ループ)!めちゃ楽しそうですよね!
ポートのあるエリアにお住まいの方や、近くに立ち寄られたときには、ぜひ1度利用されてはいかがでしょうか。
まだまだエリアが限られていますが、早く広がってほしところです!

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)