注目のストリートブランドの3選

Posted by

Gosha Rubtinskiy

ゴーシャラブチンスキー。
ロシアのファッションブランド。
新進気鋭のファッションブランドとし業界ではかなり注目している。

ロシアのユースカルチャーのスケートボードシーンうまく作品に落とし込んでいる。

これに目をつけたコムデギャルソンの川久保玲がコムデギャルソンの新コレクションの生産を任せた。

ドーバーストリートマーケットにて先行販売され、今では各地のSHOPでセレクトされているブランド。

他ブランドとのコラボレーションも活発。
ショーをするたびにどこのブランドとコラボレーションするのか話題を集める。

アイキャッチが強いアイテムが多く一目でゴーシャとわかる商品が多い。

 

 

 

2018年春夏コレクションではイギリス老舗ブランドの「Burberry」ともコラボが実現。

ゴーシャラブチンスキーの勢いはしばらく止まらない。

Black Eye Patch

東京の新のストリートを表現するブラックアイパッチ。
ブランドが広まったきっかけは街に貼られたステッカーからだという。

B印!?とも読めてしまうが
Black Eye Patchの頭文字。直訳すると「黒眼帯」

blackeyepatch

グラフィックがとても綺麗である。
デザイナーなどの情報は非公開で。
東京を拠点としている。
メディアでは”謎のステッカー集団”とカテゴライズされている。

@blackeyepatchがシェアした投稿

ジャスティンビーバー氏もコンサートで着用。

新商品はほぼsold out

勢いがさらに増すであろうBlack Eye Patchから目が離せない。

Doublet

ダブレット。

デザイナーの井野将之がミハラヤスヒロにて企画生産などを経験し立ち上がったブランド。
2013年に2013 Tokyo新人デザイナーファッション大賞で東京都知事賞を受賞。

ベーシックなアイテムに自身のアイデアを落とし込み、”違和感のある日常着”がコンセプトである。

doublet

海外でも指示が高くDSML(ドーバーストリートマーケットロンドン)でも取り扱いがある。

2017春夏の袖プリント/刺繍アイテムはとても反響があり、

多くの著名人も私服で愛用している。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)